取扱業務と料金

取扱業務と料金

就労ビザ申請業務

弊所が選ばれる理由

就労ビザを取得する理由はどのようなことが挙げられるでしょうか。
外国人を雇用して事業の活性化へ役立てたい!
自分の持てる能力を精一杯活かして企業の活動へ役立ちたい!
などなど….

そう、就労ビザの取得は外国人が日本で働くために必要な許可。でありまして、企業と外国人材が雇用を通じてお互いに成し遂げたい目的はまた別のところにあるものと思います。
そんな目的達成のためにはビザをはじめ、外国人雇用ならではに存在する法律・制度の理解、手続き、就業規則やルールの整備、その他法令順守を強く求められる、そんな環境の中にいま私共はおります。

弊所のご提供する特徴的なサービスは、入社前→入社時→入社後までを包括的に扱うことで企業が求める目的が達成できるようサポートができることであり、その裏付けとしては、労働関係諸法令の専門家である社会保険労務士ビザ申請手続きのできる行政書士の2つの資格を保有していること、また実際に自ら海外へ足を運んで15年の海外取引経験があり通関士の資格も有していることから、企業が外国人社員に求める事、どのような点に気を付けて雇用していく事が望ましいのか、そういった様々な事について法律と実際のビジネスの両側面から経営者様と目的達成に向かって進んでいける。そこが弊所独自の選ばれる理由となっています。

↓こちらもご覧いただけましたら幸いです。↓

就労ビザ申請

弊所では2つのビザ申請プランをご用意しております。
プランごとにお客様のご負担内容、弊所でのご対応内容が異なってまいりますので、お客様のご都合やご事情を照らし合わせてお選びください。

プランのご説明

標準プラン
必要書類の収集やご用意をお客様に行って頂くことにより、料金を抑えたプランとなっております。

おまかせプランおすすめです!
お客様に代わって弊所が書類の収集と用意をすることにより、お客様の時間と労力の削減につながるプランです。

業務内容標準プランおまかせプラン
ビザ申請相談、コンサルティング
個人に合わせた必要書類のリストアップ
必要書類の収集代行
(日本の役所関係:区役所・市役所、法務局)
お客様にてご用意
ビザ申請書類一式作成
申請理由書作成
各種契約書のチェック
外国語から日本語への翻訳お客様にてご用意
(英語・中国語・韓国語は無料)
雇用契約書の作成お客様にてご用意
雇用契約書のチェック
出入国在留管理庁への申請代行
(1回目申請分)
入管審査官からの質問状・事情説明要求・追加資料への対応代行
定期的な進捗具合の確認
結果通知の受取
変更と更新の場合は在留カードの受取お客様にてお受取

料金表

ビザ申請の内容標準プラン
報酬額(+別途税)
おまかせプラン
報酬額(+別途税)
海外から外国人を招へいする
(在留資格認定証明書交付申請)
100,000円140,000円
ビザの種類変更
(在留資格変更許可申請)
100,000円140,000円
現在のビザを延長したい
(在留期間更新許可申請)
44,000円
※転職後の更新は100,000円
50,000円
※転職後の更新は140,000円
短期滞在
(短期商用)
15日:40,000円
30日:45,000円
90日:50,000円
自己申請または他社申請で不許可からのリカバリー
(再申請)
+40,000円

※お客様個々のご事情により、難易度に応じて金額が加算されることがございます。

オプション

お客様の必要に応じて下記をオプションとして対応いたします。

オプション内容報酬額(+別途税)
■ 翻訳(A4用紙1枚あたり)
英語、中国語、韓国語 から 日本語A4サイズ1枚あたり4500円~
(内容によりお見積いたします。)
その他外国語 から 日本語内容によりお見積いたします。
■ 雇用契約書の作成(雇用主様へのヒアリング含む)20,000円

難易度加算

下記に該当する場合には難易度の加算額がかかる事となります。
面談を通じて該当の有無を確認していき、ご依頼の目的である許可が得られるよう進めていきます。

該当内容加算額(+別途税)
新設会社(決算未到来)での外国人雇用
事業計画書作成
45,000円
既存会社(カテゴリ3)での新規事業による外国人雇用
事業計画書作成
45,000円
1年未満の有期契約での就労ビザ取得25,000円
転職で前職の退職届出、転職後の就職届出を
入管へしていない場合
25,000円
前職を退職してから3か月以上後に転職している場合25,000円
前職を退職してから6カ月以上後に転職している場合45,000円
本人が個人事業主(フリーランス)での就労ビザ取得45,000円
社会保険未加入企業での就労ビザ取得15,000円
飲食店・コンビニ・免税店・ホテル・
工場・建築での就労(現場除く)
35,000円
個人事業主に雇用されて就労ビザを取得する場合25,000円
直近決算が赤字企業での就労(カテゴリ3)25,000円
実務経験で申請の場合35,000円
高度専門職35,000円
元技能実習生の技術・人文知識・国際業務での雇用45,000円
犯罪歴がある梅(罰金刑、拘留等)80,000円
退去強制歴がある場合150,000円
自主出国歴(オーバーステイ等)がある場合80,000円
出国準備期間中からの申請(30日以内に申請)25,000円
日本での滞在日数が180日以下の場合での更新35,000円
日本での滞在日数が90日以下の場合での更新50,000円
過去に申請した書類の開示請求を行う場合50,000円
フィリピン国籍でPOLO, POEAの手続きが必要な場合別途ご相談ください。

ご依頼から業務完了までの流れ

STEP
まずは弊所へお問合せください

ビザ申請は一定の条件をクリアしていないことには許可が下りることがありませんので、まずはその点についてお伺いいたします。
学歴、職務内容、その他申請に必要な最低限のことを確認します。

STEP
ご面談

お客様の状況とご要望をお伺いするとともに、申請までの流れをご説明します。

STEP
お見積

ご面談を通じて得た情報をもとにお見積を作成致します。

STEP
ご契約、着手金のお支払い

契約の後、半額を着手金としてお支払いを頂きます。
これをもって正式契約となります。

STEP
申請書類の収集、作成、申請

お客様から情報をお伺いし、必要な書類をご提供頂きます。
弊所は収集すべき資料を集め、書類を作成し、申請を行います。(プランにより内容異なります。)

STEP
残金のお支払い

申請後10日以内に残金をお支払いいただきます。

STEP
入管からの結果

許可の場合はお客様へご報告するとともに、必要書類をお届けいたします。(プランにより内容異なります。)


社労士としての業務

・ 会社設立後の社会保険等新規適用お手続き
・ 入退社に必要なお手続き
・ 就業規則・36協定の作成、変更
・ 年度更新、算定基礎届
・ 労働者名簿、賃金台帳の調整
・ 労務相談
・ 助成金の申請(キャリアアップ助成金)

行政書士としての業務

・ 会社設立のサポート
・ 定款認証お手続き
・ 就労ビザ申請(令和4年2月より開始、ご相談は受付中です。)
・ 古物商許可申請
・ 補助金
・ その他各種許認可お手続き

貿易業務改善サポート業務

中長期の期間をかけて企業様の事業ご発展に貢献してまいりますため、原則は顧問契約にてのお取り扱いとさせて頂いております。

貴社意向に沿う形を検討致しますため、まずはご相談ください。

① 改善対象と内容

管理・運用方法の改善とコスト削減を経営者様と一緒に検討していきます。

検討項目代表的な内容
1売買書類P/I、P/O
2貿易条件インコタームズ FOB、CFR、CIF
3船積書類B/L、P/L、Commercial Invoice
4通関手続き経過・書類管理、HSコード、関税、延納
5ドレージ予約、経由地荷下ろし陸上輸送、保税運送
6保管料デマレージ、ディテンションチャージ、外置き、第3国経路上保管
7海上保険個別/包括、ICC (A)(B)(C)、War Risks、損害発生時の対応、事前対処
8銀行決済方法:L/C、D/A、D/P、T/T
保証書:L/G
手数料:ターム、開設/アメンド 与信枠
9輸送方法【海上輸送の場合】
FCL/LCL/バルク、コンテナ選定、フリータイム(経由/入港後)
【航空輸送の場合】
エアカーゴ/クーリエ、Original B/L空輸の扱い
10梱包材素材選定(木材、カートン、樹脂)、調達方法、加工・打立て業者
11クレーム対応クレームに対する備え
12IT活用/効率化情報交換系、共有/共同作業系、プロジェクト管理系、クラウド活用、独自回線活用
② 貿易人材サポート

貿易活動を支える人材がより活躍できる環境づくりをお手伝いいたします。

サポート項目内容
1貿易人材育成貿易未経験の社員が貿易業務で活躍するためのサポートをいたします。
2貿易セミナー貿易全体の流れを見えるようにして個々の業務における全体での位置づけや前後の関係性を把握する事で、より効率的な業務へフィードバックしていただける事を目指しています。
3貿易人材雇用における労働法経営者と社員、特に外国人との間の雇用における問題を事前に回避するために
雇用や労働法についてのご相談をお受けしております。対象は経営者様です。
PAGE TOP